医師が転職で失敗した事例:一見成功と思われた転職、まさかの…

医師が転職で失敗した事例 医師コラム

医師は実力で仕事を受け持つ職業です。

待遇が悪ければ転職を考えている方が少なくありません。

医師不足の中、転職自体はできる、ただ、ご自身が後悔しない納得の環境で働くには、慎重になる必要があります。

ある医師転職失敗した事例をご紹介します。

 

医師が転職で失敗する意外な盲点

ある医師は小さな病院でエースとして活躍していました。

しかし、待遇が悪く大手の病院の新人医師とほとんど同額の給料で働いていました。

それだけならまだ良いのですが、医師不足で悩むその病院ではこの医師を酷使する形にもなっていたため、この医師はついに転職を決意します。

手術の技術については申し分なかったために転職はすぐに決まりました。

そしてある時から新しい病院での仕事が始まったのです。新しい病院ではその技術を高く評価され、給料は前の職場にいたときの何と2倍近くに跳ね上がりました。

それだけではありません。

新しい職場ではたくさんのお医者さんが在籍しているので酷使されることもありませんでした。

しかし、大きな落とし穴が待っていました。

それはやりがいの喪失です。

新しい職場にはたくさんの医師がいるので、新しく入ってきた人物を重用する余裕はありませんでした。

そのため、どうしても主要なオペなどを行う機会は減ってしまいます。

これまでエースとして働いていた分、やりがいの喪失は大きく転職は失敗したと言わざるを得ません。

 

医師が転職に失敗しないためには

こういった失敗の事例は珍しくありません。

待遇といえば給料や勤務時間のことと思われがちですが、人は仕事にやりがいを求めているケースも多くあります。

いくら待遇が良くなってもやりがいが減ってしまうと、何となく楽しさを感じにくくなってしまいます。

 

このような失敗を減らすためには転職先の情報収集が欠かせません。

 

そこに入ったときにどれくらい任せてもらえるのかをチェックしましょう。

医師の世界は実力が重要ですが、年功序列的な要素もあります。

重鎮と呼ばれるような医師が何十人も在籍していたりする場合は出番が減ってしまうかもしれません。

逆に若手の医師が多い場合は、新人教育を任せられる機会も増えます。

自分がどう働きたいかで職場を選ぶ必要があります。

医師専門の転職エージェントを利用するなどして、物理的な待遇面以外の情報も収集することが、転職成功のポイントとなります。